大韓サッカー協会会長の鄭夢奎氏、アジアサッカー連盟副会長に選任

大韓サッカー協会会長の鄭夢奎氏、アジアサッカー連盟副会長に選任

2016年09月27日14時22分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鄭夢奎・大韓サッカー協会長(写真提供=大韓サッカー協会)
  大韓サッカー協会会長の鄭夢奎(チョン・モンギュ)氏(54)がアジアサッカー連盟(AFC)副会長に選任された。

  大韓サッカー協会は27日、「AFCが26日、公文書を通じてを鄭氏をAFC副会長に選任したと伝えてきた。25日にAFC執行委員会が東アジアサッカー連盟加盟国10カ国とシャイフ・サルマンAFC会長の推戴を受けた鄭氏を全員一致で選任した」と明らかにした。

  AFCの副会長は計5人で構成されている。東アジア地区の担当としてはこれまで中国の張吉竜氏が副会長を務めてきたが、ことし6月に健康悪化で辞任してから空席だった。

  鄭氏は「副会長に推戴してくれた東アジア地区の各国協会とAFC執行委員会に感謝申し上げる」とし「AFC副会長の活動を通して韓国サッカーの影響力を高めてアジアサッカーを世界のトップ圏に引き上げるために最善を尽くしたい」と所感を明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事